二重整形で目をぱっちりに!費用や施術方法について知ろう

費用相場を知ろう

頬を触る人

気になる費用について

いくら美容整形の中でも二重整形は安いといっても、人によっては気軽に受けられる価格ではないかもしれません。それに、美容クリニックによって料金設定が異なるので、全ての美容クリニックが同じ費用で二重整形を受けられるかといえば受けられません。ですから、二重整形を受ける前に費用の相場について知っておいたほうがいいのです。
二重整形は主に埋没法と全切開法になります。どちらも二重を作ることができますが、施術方法が異なります。埋没法は糸を利用して二重を作りますが、全切開法はまぶたを切開して二重を作ります。そのため、施術時間も使用する道具も異なるので費用は異なります。では、それぞれ詳しく説明した上で費用相場をご紹介します。

埋没法

埋没法は、メスを使わずに糸を使用して二重を作る整形です。まぶたを糸で縫いつけるだけの簡単な施術方法になるので、専用の機器を使用したり、まぶたを切開したりする必要がなく短時間で施術を終わらせることができます。施術時間は10分~30分ほどで終わりますし、メスを使っていないので腫れが起こることもほとんどありません。状態によっては、施術後にメイクしても大丈夫なこともあります。これだけ簡単な施術方法になるので、費用の相場は約5万円~10万円です。できるだけ費用を抑えたい、切らない二重整形がしたいと思っているのなら埋没法がおすすめです。

全切開法

全切開法は、まぶたを切開して二重を作る施術です。料金は、どれぐらい切開するかによって変動します。それに、まぶたを切開して脂肪を取り、二重のラインをはっきりとつけるのは難易度の高い技術になるので、医師の腕も大きく影響します。難易度が高い施術になるので、全切開法で二重整形する場合は費用が高くなります。切開する範囲で左右されますが費用の平均は25万円ほどです。そのため、全切開法で二重整形を行なう時は、カウンセリングで費用についての説明をしっかりと聞いておかないといけません。
しかし、全切開法で二重にするとなったらまぶたを切開して二重を作るので、元の状態に戻ることがありません。一度施術を受けたら半永久的に二重を維持することができるので、いつまでも美しい目元を保ち続けることができます。

どちらがいいか決める時は

主な二重整形の費用相場についてご紹介しました。埋没法は安い費用で行なえますが、糸が切れてしまうと再度施術を受ける必要があります。また、脂肪が増えてしまうと糸だけで二重を支えられない状態になってしまうこともあります。しかし、気軽に二重整形を受けたいという場合にはおすすめの方法です。
全切開法は、一度施術したら半永久的に二重を保ち続けられる整形です。何度も施術したくないと思っているのなら、費用を貯めて受けることをおすすめします。
どちらもメリットもデメリットもあるので、どちらの方法で行なおうか悩んでいるのなら医師に相談するといいでしょう。医師に相談すれば、どちらが自分にとって効果的なのか知ることができます。

To Top